パチスロ・スロットの正しい知識を知ろう

パチスロにはまってしまった人が自分自身を見直すのに必要なのは、
パチスロに関する正しい知識を知るということです。

間違った認識をしている限り、一時的にスロットから離れられたとしても、
結局のところ、また同じようにホールに通うことになってしまいます。

そのような再発を防ぐためにも最初の段階からパチスロやスロットの
正しい知識を身につけておく必要が高いのです。

まず基本中の基本として、知っておいて欲しいことは、
パチスロ店は自分たちが儲かるために商売をしているということです。

決してボランティアで店を運営してるわけではないし、
ましてやあなたを儲からせるために仕事してるわけではありません。

ですので、普通にパチスロ打っても原則的には、ほとんどの人は
損してしまうような仕組みになっているのです。

もちろん、一部のプロがパチスロで生計を立てているのは事実です。

しかし、パチスロで生活している人間は、並々ならない努力を
した結果として、スロットで利益を得てるのです。

なので、何の努力もせずに短時間の上に大金を得られるというのは、
全くもって幻想でしかないのです。

例えば、あなたの家のポストにパチスロのホールのチラシが
しょっちゅう入っていたとしましょう。

このようなチラシは、当然タダではありません。

多額の経費をかけて広告宣伝をしているのです。

なぜこのようなことができるのかというと、このように広告することで、
投資した金額以上の見返りが期待できるからです。

このように相手は、あくまでビジネスとしてホールを
運営しているということを忘れないようにしてください。

参考:パチスロ・スロット全力まとめ

立場を逆転して考える

パチスロで負けている人というのは、自分の立場から
都合のいいように考えている傾向があると思います。

しかしこのような発想では、いつまでたっても店側に対して
お金を献上するだけになってしまいます。

そもそも、根本的な認識として、普通にやっていては
パチスロで勝ち越すことは、不可能なのです。

店の運営には、莫大な経費がかかってるのでそれを回収するために
プレーヤーの期待値は常にマイナスになっています。

なので、何の考えもなく、スロットをやっていると
時間がたてばたつほど、資金は減っていくだけなのです。

それを勘違いして何の研究も努力もなしにいつかは勝てると
考えるのは、狂気の沙汰でしかありません。

もし勝ちたいのならば、自分の立場から考えるのではなく、
店側の立場からパチスロ店の運営について考えなければいけません。

店側がいくら利益を出したいと言っても、余りにも客に
勝たせないと客がホールに来なくなってしまいます。

なので、店側としては、収益を出したいの山々だけど
ある程度、利益をお客の側に還元しなければいけないのです。

なので、パチスロに勝つためには、その限られた優位性を
細かくついていくしか方法的にはあり得ないわけです。

その優位性を攻めるために、台の設定を判別したり
店側が回収モードに入っている時期はスロットを打たない
などの工夫が必要になってくるわけです。

なので、スロットを打つときは、プレイヤー側が常に
不利な状態にあるということを忘れないことが大事なのです。

多重債務の原因になりうるスロット

多重債務の原因になることが多いのかが、ギャンブルによる借金です。

パチスロやスロットやることによって、お金が足りなくなり、
消費者金融などに行って借金をしてしまうわけです。

これがひどくなってくると借金を様々な会社からする
という多重債務の状態になってしまいます。

最初の頃は、小さなお金の借入だけだとしても、回数を重ねる
ごとにどんどん借り入れ金額が上がっていくわけです。

最初は、ストレス発散を求めてパチスロをやっていただけだったとしても、
スロットの軍資金の調達のために借り入れをふやしていくたびに
気が付けば何百万もの借金をすることになります。

多重債務者の平均的なデータを見てみましょう。

多重債務者の借り入れの目的の一番大きな目的は、
実は、返済のための借り入れが一番なのです。

つまり、借金を返すためにさらなる借金を重ねているということです。

ギャンブルで熱くなった結果、無計画な借り入れをしたり、
パチスロにのめり込みすぎて、職を失った結果、返済のあてが
なくなってしまうということも少なくないようです。

ギャンブルの借金が危険なのは、お金の価値感が崩れることです。

スロットをやっていると射幸心をあおられて努力せずとも
大金が入るというイメージが出来上がってしまいます。

そうなると、本来身の丈に合わない借金も簡単にしてしまう
ということに繋がる可能性が高くなってしまうのです。

パチスロの弊害あれこれ

パチスロにはまってる人はとても多いですが、
パチスロやスロットには様々な弊害があります。

以前の記事で、スロットをやったせいで、借金を背負って
しまうことが多いという事書きましたが、パチスロをやる
デメリットはそれだけではありません。

貧すれば鈍するとよく言ったもので、人間お金がなくなってくると
周囲の人間に対して攻撃的になりがちなります。

本来温厚であった人でも突如として衝動的な犯罪犯すことがあるのです。

スロットが原因で自殺したり、犯罪犯す人に多いのが
数百万単位の借金をしているケースです。

このような状態になると精神的に追い込まれるため、
常識では考えられない行動に出る可能性が高くなるのです。

ここまでひどいケースではなくても、ギャンブルにのめり込むと
正常な判断能力が失われる可能性が高くなります。

普段なら冷静な判断力がある人であっても、パチスロによって
射幸心を煽られてしまうと、自分の気持ちをコントロールする能力が
どうしても下がりがちなります。

そうなると、周囲に対する言動が荒くなってしまったり、
精神的に不安定になってしまうことが多いようです。

このような状態が長く続くと周囲の人間関係も悪くなっていきます。

家族はもちろん、友人との関係も悪くなり、
次第に孤独になってきます。

このように金銭的な問題以外にも様々なデメリットが発生するのです。

パチスロと精神不安

パチスロにのめり込むと精神状態が不安定になる人が多いです。

パチスロで買った時には、ものすごくハイな気分になりますが、
ひとたび負けてしまうと、うつ状態になってしまう人が多いです。

ジェットコースターのように気分の上がり下がりを経験していると
ギャンブルから離れている時と比べ、どうしても精神状態は
不安定になりがちになってしまいます。

このような状態になってしまうと、気分が落ち込むだけでなく、
体調も悪化してしまうことが多いと思います。

具体的には、食欲が低下したり、積極的に行動することが面倒に
なるので運動不足になりがちになってしまいます。

また、精神的にネガティブな状態になるので以前まで楽しめていた
自分の趣味が楽しめなくなるということも多いです。

そうなると、うまくストレス発散ができなくなるため、
体調の悪化が進んでしまうことが多いようです。

パチスロにはまってる人の中には、現実逃避や一瞬の快楽を求めて
スロットに手を出す人も多いです。

しかし、現実逃避を求めて手を出したスロットで負けてしまうと、
不安感や焦燥感がさらに悪化してしまうことが多いです。

このような負のスパイラルが発生ししまうのでいったん
パチスロにはまると、自分だけではなかなか抜け出すことが
むつかしいという現状があるのです。